健康用語WEB事典

ヒルシュスプルング病(Hirschsprung's disease)

蠕動運動を制御する神経節の先天的な欠損によって便を排泄できなくなる疾患。放置すると敗血症の恐れがある。先天性巨大結腸症とも。*1

症状は胎便排泄遅延、腹部膨満、胆汁嘔吐便秘腸管拡張など。

タグ: 疾患

*1小児の排便障害(ヒルシュスプルング病、鎖肛を含む)|慶應義塾大学病院 KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000140.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ヒルシュスプルング病に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-27 (火) 15:39:18