健康用語WEB事典

ヒルスチン(hirsutine)

チョウトウコウ釣藤鉤)の成分。統合失調症陽性モデルにおいて抗精神病薬としての活性を示す。*1

ヒルスチンの化学構造

ドーパミンD2受容体および5-HT2A受容体に対して弱い結合親和性を示し、σ1受容体に対してリムカゾールと同程度の結合親和性も持つ。

*1釣藤鉤由来インドールアルカロイド Hirsutine の抗精神病様作用 中澤孝浩 袴田達也 浪越通夫(東北薬大): http://nenkai.pharm.or.jp/131abst/31P-0513.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ヒルスチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: filehirsutine.png 閲覧数 133回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-10-29 (火) 10:18:09