健康用語WEB事典

ヒンジ領域(hinge region)

IgGの2つのFab領域と1つのFc領域を相互に接続するペプチド鎖。重鎖CH1ドメイン?CH2ドメインの間に存在する可動性の高いペプチド領域。生体内において、このヒンジ領域を動かすことで抗原と結合するが、このことをヒンジベンディングと呼ぶ。*1*2

IgGFc領域の一部を構成する。*3

*1阪大化学熱学レポート 研究紹介5 免疫グロブリンG-水系の低温熱容量測定からみる免疫グロブリンGのダイナミクスⅠ: http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/micro/report/rcst/2012/2012res05.html.ja
*2新規高機能抗体ポテリジェントの開発物語 金子悦士 小池正道 佐藤光男: https://www.jstage.jst.go.jp/article/faruawpsj/51/5/51_414/_pdf/-char/en
*3バイオ医薬品の血中安定性を向上させる 副作用の少ない技術を開発 | 2017年のプレスリリース | プレスリリース | 東京工科大学: https://www.teu.ac.jp/press/2017.html?id=169

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ヒンジ領域に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-16 (水) 19:27:49