ビオフェルミンR

耐性乳酸菌を利用した整腸剤(耐性乳酸菌製剤錠)の商品名。

緑膿菌ブドウ球菌プロテウスの増殖抑制効果および、抗菌剤投与時に内に現れる真菌クロストリジウムクレブシエラ?などの増殖を抑制して腸内細菌を正常にする。*1

感染症の治療に抗菌剤が広く使用されるが,抗菌剤の投与により腸内細菌叢が乱れ,しばしば下痢軟便といった副作用や,ときとして偽膜性大腸炎出血性大腸炎?といった重篤な疾患を引き起こすことがある.この抗菌剤投与時の腸内細菌叢の乱れを正常化する目的で,耐性乳酸菌製剤が併用される.*2

*1ビオフェルミンR散/ビオフェルミンR錠: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2316004B1036_1_04/
*2長崎大学医学部・歯学部附属病院における整腸剤適正使用への取り組み 江頭かの子,北原隆志,柏木 香,樋口則英,中嶋幹郎,一川暢宏,佐々木均: http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/8345/1/YAKUZA126_1155.pdf

ビオフェルミンRに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-12 (日) 16:18:58