ビグアナイド薬(biguanide drugs)

ビグアナイドを基本骨格とする、血糖値を降下させる薬剤糖尿病の治療薬。ビグアナイド系糖尿病薬とも。

肝臓に作⽤することで糖新生を抑制し、末梢組織でのインスリン感受性を改善したり、腸管からの吸収を抑制して血糖値を下げたりする。同時に食欲を抑制する作用もある。半減期が1時間半〜3時間と短い。*1

ミトコンドリア呼吸鎖複合体Ⅰ)を阻害することで、β細胞内のインスリン分泌顆粒に貯蔵しているインスリンβ細胞外への放出を抑制する。*2

副作用乳酸アシドーシス*3

*1関西医科大学 「プロポフォール」副作用の機序解明 副作用が生じるメカニズムと、そのリスク要因などを発見: http://www.kmu.ac.jp/news/laaes700000012xo-att/laaes700000012yc.pdf
*2糖尿病用薬剤 必要な薬剤と不要な薬剤 NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック)浜六郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jln/26/1/26_59/_pdf
*3佐賀糖尿病療養指導士会(佐賀CDE) メトホルミンの適正使用に関するRecommendation: http://www.hospital.med.saga-u.ac.jp/dm/wp-content/uploads/2013/05/recommendation_metformin.pdf

ビグアナイド薬に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-19 (水) 15:07:29