ビスファチン(visfatin)

アディポカインアディポネクチン)のひとつ。遺伝子PBEF1NAMPT)によって発現する。*1

肥大化した脂肪細胞から分泌され、他の脂肪細胞分化や肥大化を促進するとされる。内臓脂肪の蓄積量に応じて分泌量が増える。また、G-CSFの投与によって血清中のビスファチンが増加することが確認されている。*2*3*4

卵巣の機能が低下するとビスファチンの遺伝子発現が起こりやすくなり、ストレスによる影響を受けやすくなることが報告されている。*5

ビスファチンは炎症線維化免疫調節への関与も報告されており、自己免疫疾患関節リウマチベーチェット病炎症性腸疾患など)の病態に関わることが示唆されている。*6

*1A rare variant in the visfatin gene (NAMPT/PBEF1) is associated with protection from obesity. - PubMed - NCBI: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19300429
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 脂肪細胞分化・増殖・肥大化に関わる細胞接着機構と分泌因子の生理病態的意義の解明 (KAKENHI-PROJECT-04J07849): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-04J07849/
*3脂肪細胞の機能と制御 アディポサイトカインと転写因子 下村伊一郎: http://jams.med.or.jp/symposium/full/124101.pdf
*4顆粒球コロニー刺激因子を用いた造血幹細胞動員におけるアディポカインの変化 田中芳紀、湯尻俊昭、田中真由美、三谷紀之、谷村篤子、谷澤幸生: http://sannaika.med.yamaguchi-u.ac.jp/kenkyuu/07_tanaka.pdf
*5【研究成果報告】卵巣機能の低下が中枢のストレス制御機構に及ぼす影響とその機序の解明 | 国立大学法人 徳島大学: http://www.tokushima-u.ac.jp/docs/2017012500013/
*6P1-027 全身性強皮症の病態におけるビスファチンの役割: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/35/4/35_340a/_article/-char/ja/

ビスファチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-04-09 (月) 06:59:16