ビスホスホネート(bisphosphonate)

骨粗鬆症の治療薬。破骨細胞骨吸収を抑制するとともに細胞死を誘導する。化学的には1つの炭素に2つのリン酸が結合した基本骨格(P-C-P骨格)を持つ化合物群を指す。

ビスホスホネートの基本骨格

ビスホスホネートは、その化学構造と破骨細胞骨吸収によって分泌するとの相乗効果で、破骨細胞細胞膜を通過できる。*1

第三世代まで存在し、高世代の方が薬効は高いが副作用も強くなる傾向にある。*2

*1破骨細胞の分化と機能 免疫と骨代謝の接点 高見正道(昭和大学歯学部 口腔生化学): http://www.saitama-med.ac.jp/jsms/vol33/03_04/jsms33_080_081.pdf
*2骨粗鬆症治療薬クロドロン酸が慢性疼痛に効く!作用メカニズムを世界で初めて解明 | プレスリリース | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-: http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/07/press20170718-04.html

ビスホスホネートに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filebisphosphonate.png 閲覧数 69回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-08 (土) 11:23:41