ビタミンK1(vitamin K1)

主に食事によって摂取されるビタミンKキノンp-ベンゾキノン)の誘導体であり、フィロキノンとも呼ばれる。

ビタミンK1(フィロキノン)の化学構造

体内でビタミンK2代謝される。具体的には、ビタミンK1は小腸で側鎖が切断され、側鎖を持たないメナキノンとなり、リンパ管を介して各組織に移行したメナキノンUBIAD1によってメナキノン4へ変換される。*1

ビタミンK1に水素を付加することで生成されるジヒドロビタミンK1は人体への有害性を持つことが示唆されている。

*1鈴鹿医療科学大学 薬学部 薬学科 廣田佳久 ビタミン K2変換酵素 UBIAD1 の生理的な役割: http://www.suzuka-u.ac.jp/information/bulletin/pdf/2015/1.pdf

ビタミンK1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filephylloquinone.png 閲覧数 63回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-02-21 (水) 09:51:58