健康用語WEB事典

ビダラビン(vidarabine)

単純ヘルペスウイルス水痘帯状疱疹ウイルスサイトメガロウイルスなどのDNAウイルスが持つDNA依存性DNAポリメラーゼを阻害し、これらに対して強い増殖抑制作用を示すアデニン誘導体9-β-D-アラビノフラノシルアデニンara-A)とも。商品名はアラセナカサール*1

ビダラビンの化学構造

アデノシンリボース環に結合しているヒドロキシ基ひとつの向きを逆にした構造を持つ。産業的にはウラシルアラビノシドara-U)を前駆体とし、その部分をウラシルからアデニンに付け替えることで生成される。*2

*1*ビダラビン軟膏3%「SW」: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6250700M1243_2_01
*2シリーズ「発掘!東工大の研究と社会貢献」第1回 東工大は抗ウイルス薬アラセナの発祥の地ですビタミンB2からウルソへと続く伝統が更にアラセナへ繋がった: http://www.cent.titech.ac.jp/DL/DL_Publications_Archives/contribution01.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ビダラビンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filevidarabine.png 閲覧数 103回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-01-23 (木) 09:20:04