ビフィドシャント(bifid shunt)

ビフィズス菌が持つ特殊な解糖系ヘテロ乳酸発酵のひとつ。ビフィズム経路とも呼ばれる。*1

2分子のグルコースから最終的に乳酸酢酸が生成される。

2C6H12O6 → 2CH3CH(OH)COOH + 3CH3COOH + 5ATP

5分子のATPを生成できるため、通常の解糖系エムデン-マイヤーホフ-パルナス経路)に比べて効率が良い。*2

*1信州大学名誉教授 細野明義 乳酸菌とビフィズス菌の糖代謝と発酵: http://www.nyusankin.or.jp/scientific/pdf/Nyusankin_493_a.pdf
*2ビフィズス菌の効率的な代謝に関わる酵素の構造を解明した | 東京大学大学院農学生命科学研究科: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2010/20101029-1.html

ビフィドシャントに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:17