ビペリン(viperin)

様々なパターン認識受容体の活性化により発現が誘導され、インターフェロンの産生を誘導する遺伝子。正式名はRSAD2

サイトメガロウイルス感染によって誘導される遺伝子として発見され、C型肝炎ウイルスなどのフラビウイルス?の増殖を抑制する。*1

小胞体脂肪滴に存在する。形質細胞様樹状細胞において、IRF-7を活性化する分子であるTRAF6IRAK1?に結合してⅠ型インターフェロンの産生を促進するため、ウイルスに対する防御に関わる。

*1Akira Lab. : 大阪大学 微生物病研究所 / 免疫学フロンティア研究センター 自然免疫学分野: http://hostdefense.ifrec.osaka-u.ac.jp/ja/topics/2011/03/20110325immunity.html

ビペリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-02 (木) 09:43:18