ピオグリタゾン(pioglitazone)

チアゾリジンジオン誘導体2型糖尿病の治療に使用される。商品名アクトスなど。*1

ピオグリタゾンの化学構造

インスリン受容体インスリン結合部以降に作用してインスリン抵抗性を軽減する。また、肝臓での産生を抑制し、末梢組織における利用を高めて血糖を低下させる。*2

PPARγに作用する。ピオグリタゾンの副作用として、免疫機能を強く抑制するためがん膀胱がん前立腺がん膵臓がんなど)の増加につながるとされる。*3

*1ピオグリタゾン錠30mg「ケミファ」: https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/530213_3969007F1288_2_07
*2アクトス錠15/アクトス錠30: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3969007F1024_2_01/
*3糖尿病用薬剤 必要な薬剤と不要な薬剤 NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック)浜六郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jln/26/1/26_59/_pdf

ピオグリタゾンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filepioglitazone.png 閲覧数 64回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-09-12 (木) 08:06:00