健康用語WEB事典

ピカチュリン(Pikachurin)

目の網膜神経が作られる際に働く遺伝子。この遺伝子変異によって動体視力?が低下する。

名前の由来はポケットモンスターのキャラクターである「ピカチュウ」。*1

私達は最近、新規細胞外マトリックス蛋白質ピカチュリンを単離し、ピカチュリンがジストログリカンと結合することで視細胞-双極細胞間の特異的シナプス形成分子として機能することを見出しました。*2

*1PHP研究所 竹内薫 丸山篤史 白くて眠れなくなる遺伝子(2016/1/5)
*2大阪大学大学院:理学研究科生物科学専攻:研究室紹介:詳細: https://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/dbs01/re-paper-temp.php?id=86

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ピカチュリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:18