ピコリン酸クロム(chromium picolinate)

ピコリン酸クロム三価クロム)が結合した化合物ピコリン酸クロムの摂取(1000μg及び600μg/日)でインスリン抵抗性の低減効果が確認されている。*1

*1内閣府 食品安全関係情報詳細 フランス食品衛生安全庁(AFSSA)、栄養強化食品及びサプリメントとしての3価クロム(ピコリン酸クロム)の含有量評価について意見書提出: http://www.fsc.go.jp/fsciis/foodSafetyMaterial/show/syu02860760188

ピコリン酸クロムに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-12-03 (月) 16:11:52