ピック病(Pick's disease : PiD)

3リピートタウ変性が主な原因となる前頭側頭型認知症若年性認知症?の中核的な疾患。*1

まず性格変化や自己抑制がきかなくなるような症状が現れ、その後に記憶障害や空間認知障害が出現することを特徴とする。変性する神経細胞ピック球?とよばれる特徴的なタウタンパク質の異常構造物が出現する。*2

病理学的には前頭葉および側頭葉を中心とする大脳萎縮と神経細胞脱落、タウタンパク質を含む細胞内封入体や神経原線維変化の出現がある。アミロイドβの沈着や老人斑の形成は見られない。

*1もの忘れとは?|滋賀医大付属病院 脳神経外科 ものわすれ外来: http://www.shiga-med.ac.jp/~hqbioph/Monowasure/what/list.htm
*2タウの異常構造の違いによる認知症の生化学分類 | 公益財団法人 東京都医学総合研究所: http://www.igakuken.or.jp/topics/2015/1107.html

ピック病に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-23 (火) 07:19:22