健康用語WEB事典

ピペコリン酸(pipecolic acid)

ピペリジンカルボキシル基が結合したカルボン酸インゲン豆小豆キャベツピーマンなどに含まれる。*1

ピペコリン酸の化学構造

GABA受容体アゴニストと考えられている。腸内細菌リシン代謝によって産生する。肝性脳症においてはD体が増加しており、肝性脳症誘発物質となる可能性が示唆されている。

医薬品の中間原料として用いられるため、人工的な合成方法が研究されている。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 血漿ピペコリン酸の由来と肝障害との関連についての研究 (KAKENHI-PROJECT-07457143): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-07457143/
*2北海道大学 環境科学院環境物質科学専攻 半導体光触媒反応を利用する新規有機合成反応系の開発と実用化: https://pcat.cat.hokudai.ac.jp/pcat/j04.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ピペコリン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filepipecolic_acid.png 閲覧数 58回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-14 (土) 16:10:50