健康用語WEB事典

ピペリジン-2,6-ジカルボン酸(piperidine-2,6-dicarboxylic acid)

自然界に存在するイミノ酸ピペコリン酸カルボキシル基が結合した構造を持つ。2位と6位が不斉炭素であり、3つの立体異性体が存在する。テネラン酸とも。*1

ピペリジン-2,6-ジカルボン酸(テネラン酸)の化学構造

天然のピペリジンアルカロイド類の骨格構造となる。*2

*1Stereo-Selective Preparation of Teneraic Acid, <i>trans</i>-(2<i>S</i>,6<i>S</i>)-Piperidine-2,6-dicarboxylic Acid, <i>via</i> Anodic Oxidation and Cobalt-Catalyzed Carbonylation: https://www.jstage.jst.go.jp/article/cpb/65/9/65_c17-00391/_html/-char/ja
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 半導体光触媒による新規炭素―炭素結合生成反応の開拓 (KAKENHI-PROJECT-11119202): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-11119202/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ピペリジン-2,6-ジカルボン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filepiperidine-2,6-dicarboxylic_acid.png 閲覧数 202回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-14 (土) 15:59:58