健康用語WEB事典

ピペルノナリン(pipernonaline)

ヒハツに含まれるピペリジンアルカロイド。強力な血管弛緩作用を示す。*1

ピペルノナリンの化学構造

濃度依存的にノルアドレナリンおよび塩化カリウム誘発性の血管収縮を抑制するが、これはピペルノナリンがL型カルシウムチャネルを抑制することによると考えられている。

*1ヒハツ成分ピペルノナリンによる血管弛緩作用機構の解明 山形大医 野呂田郁夫 石井邦明 / 丸善製薬 水谷健二 高柿了士 村上敏之 山口泰永 岩崎大剛 桑原浩誠 山本正次 / 東北大院薬 山下春菜 岩下真也 小原祐太郎 守屋孝洋 中畑則道: http://nenkai.pharm.or.jp/132abst/29E04-am02S.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ピペルノナリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filepipernonaline.png 閲覧数 39回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-14 (土) 15:22:06