健康用語WEB事典

ピレンゼピン(pirenzepine)

粘膜ムスカリン受容体M1受容体)に対するアンタゴニスト胃酸分泌抑制作用や粘膜血流、粘液プロスタグランジンなどの粘膜防御因子の増強作用を発揮する。商品名はガストロゼピン*1*2

ピレンゼピンの化学構造

低用量では逆説的に心臓副交感神経を刺激し、その反応性は糖尿病性神経障害の程度により異なることが知られている。*3

*1*ピレンゼピン塩酸塩錠25mg「サワイ」: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2329005F1286_1_02/
*2名城大学薬学部 薬品作用学研究室 副交感神経遮断薬(抗コリン薬、抗ムスカリン薬): http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/mhiramt/EText/Pharmacol/Pharm-II02-5.html
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 心臓副交感神経作動薬を用いた心臓自律神経予備測定法の開発と治療への応用 (KAKENHI-PROJECT-10770337): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-10770337/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ピレンゼピンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filepirenzepine.png 閲覧数 74回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-11-22 (木) 08:17:21