ピロリン酸カルシウム結晶沈着症(calcium pyrophosphate dehydrate deposition disease)

ピロリン酸カルシウムの結晶が関節内に析出することで引き起こされる関節炎の総称。急激に関節炎を起こし、痛風と似た経過をたどるものは偽痛風と呼ばれる。*1

*1ピロリン酸カルシウム結晶沈着症(calcium pyrophosphate dehydrate deposition(CPPD)症)、偽痛風(pseudogout)|KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000722.html

ピロリン酸カルシウム結晶沈着症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-06-29 (土) 09:26:35