ピロリ菌(Helicobacter pylori)

世界人口の約半数に感染しているとされる、螺旋形のグラム陰性菌。正式にはヘリコバクター・ピロリと呼ばれる。

の出口である幽門でよく見つかる。免疫が弱い幼少期に食事を介して感染し、に住み着く。酵素ウレアーゼを産生し、これによっての中の尿素からアンモニアを発生させる。

慢性胃炎胃潰瘍十二指腸潰瘍胃がんの原因となる。*1

国内では1990年代に40代の60%に感染していたが、現在は衛生環境が良くなったことから20%近くまで低下している。これによって胃がんの罹患率も半減している。しかし、60歳以上では70%以上が感染していると見られており、現在でも国内最大の感染症であるとされる。*2

塩分の過剰摂取によってピロリ菌による粘膜炎症が進み、胃がんを発症しやすくなる。

ピロリ菌のLPSTLR2TLR10?リガンドとなるため、これらの発現が多い人ほど胃がんの発症率が高いことが報告されている。*3

*1東北大学大学院工学研究科「ピロリ菌の増殖を抑制するオリゴ糖の大量合成に道」: https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20110208_2.pdf
*2中央公論新社 中川恵一 知れば怖くない 本当のがんの話
*3札幌医科大学医学部微生物学講座 永島裕之 Helicobacter pylori LPS は TLR2/TLR10 に認識される: https://www.juntendo.ac.jp/graduate/laboratory/labo/seikagaku_seitaibogyo/jeiis/pdf/No20/No20-4-06.pdf

ピロリ菌に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-10-05 (土) 08:16:45