健康用語WEB事典

ファイトケミカル(phytochemical)

植物が紫外線や外敵から身を守り繁殖するために生成する化学物質。「第七の栄養素」とも呼ばれる。ファイト(phyto)はギリシャ語で「植物」という意味。フィトケミカルと誤記されることがある。

食品としてのファイトケミカルの定義は「通常の身体機能維持には必要とされないが、健康によい影響を与えるかもしれない植物由来の化合物」である。*1

抗酸化作用や抗がん作用(アポトーシス誘導活性)などを持つため、サプリメントなどの健康食品にも多く利用されている。

ファイトケミカルは植物の成長には直接的な影響はない二次代謝産物であるが、紫外線に対抗するための抗酸化作用に対する防御作用、虫に対する毒性などがあるとされる。

植物には様々な機能を有する多様な成分が含まれています。これらの成分は、アミノ酸などの一次代謝産物二次代謝産物に分けられます。二次代謝産物は、外敵からの防御作用や色素としてなど植物自身に様々な機能を有し、しばしば人間の代謝にも影響を与えます。特に、フラボノイドカロテノイドは健康増進の作用を有しますが、これはこれらの二次代謝産物が有する抗酸化作用や抗炎症作用によるものです。*2

ファイトケミカルは食物繊維などの固い細胞の内部に存在するため、煮汁に多く出る。

ファイトケミカルの種類

ファイトケミカルにはフラボノイドビタミン植物ステロール多糖類などが含まれる。*3

ファイトケミカルには,主なものとして,フラボノイドアルカロイドテルペノイドスチルベノイドクマリンキサントンリグノイドフェニルプロパノイド等が化学構造式に基づいて分類されているが,その機能としては,植物自体が内部や外部の環境から身を守り,適応するための成分として役割を果たしていると考えられている.*4

ポリフェノールカロテノイドもファイトケミカルの一つである。

*1「ファイトケミカル」ってご存じですか? |  栄養士・調理師・製菓衛生師の学校:兵庫栄養調理製菓専門学校: http://www.hyoei.ac.jp/library/nadeshiko/216.html
*2国立大学法人 千葉大学 国立研究開発法人 理化学研究所 紫外線から植物を守る 有害な紫外線から植物を守る物質と生合成遺伝子を発見: http://www.chiba-u.ac.jp/others/topics/20160823_3.pdf
*3国立遺伝学研究所 生命ネットワーク研究室・有田研究室: https://www.nig.ac.jp/nig/ja/research/organization-top/laboratories/arita
*4ファイトケミカルによるがんの予防: https://www.jstage.jst.go.jp/article/oleoscience/11/5/11_161/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ファイトケミカルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:20