健康用語WEB事典

ファゴリソソーム(phagolysosome)

ファゴソーム食胞)がリソソームと融合することにより形成される細胞小器官*1

細菌貪食したマクロファージは、細菌が取り込まれたファゴソーム酵素などを含むリソソームが融合させてファゴリソソームを形成し、これによって取り込まれた細菌は死滅する。*2

結核菌はファゴリソソームの形成に関わるRab細胞内局在性を変化させることで、その形成を阻害して細胞内に寄生する。*3

ファゴリソソーム内のpHは3.5~4.0程度であり、細菌真菌エンベロープを持つ一部のウイルスの活動を抑制し、かつ貪食された酸性プロテアーゼヒドロラーゼの活性には好ましい状態にある。

クロモグラニンAクラスAスカベンジャー受容体を介して細胞内に取り込まれてファゴリソソームを形成し、このファゴリソソーム内でカテプシンBがプロ型カスパーゼ1を活性化する。

*1九州大学 アルツハイマー病における新たな神経炎症機序の解明 唾液ストレス分子のクロモグラニンAによる脳内ミクログリアにおけるカテプシンBに依存したインターロイキン-1β産生経路: https://www.kyushu-u.ac.jp/f/1167/2013_07_05.pdf
*2エッセンシャル免疫学 第2版|MEDSi メディカル・サイエンス・インターナショナル: http://www.medsi.co.jp/e-meneki2/
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 結核菌の食胞形成過程における膜小胞輸送機構のリアルタイムイメージ解析 (KAKENHI-PROJECT-19790318): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19790318/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ファゴリソソームに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-08-25 (火) 14:41:30