健康用語WEB事典

ファゴソーム(phagosome)

貪食ファゴサイトーシス)によって細胞内に形成される小胞免疫細胞貪食によって取り込んだ病原体などを封じ込める。食胞とも呼ばれる。

ファゴソームエンドソームと融合して成熟し、最終的にはリソソームと融合してファゴリソソーム?となる。*1

アポトーシスによって死んだ細胞マクロファージなどの貪食細胞に取り込まれ(ファゴサイトーシス)、その中でファゴソームと呼ばれる細胞小胞に封じ込められます。このファゴソームは、その後加水分解酵素を持つリソソームと融合し、取り込んだ死細胞を速やかに消化します。*2

ファゴソーム成熟を促進する因子としてRab5?が確認されている。

*1結核菌ファゴソームの分子解剖: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsb/69/3/69_513/_article/-char/ja/
*2京都大学大学院生命科学研究科 医学研究科 松田研究室 貪食作用のキー分子の働きを可視化する: http://www.fret.lif.kyoto-u.ac.jp/rab/rab.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ファゴソームに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:20