ファビピラビル(favipiravir)

RNAウイルスに対する抗ウイルス薬。RNAポリメラーゼの阻害剤。富山化学工業によって開発され、開発コードはT-705。商品名はアビガン*1*2

ファビピラビルの化学構造

元々はインフルエンザウイルスに対する薬として開発されたが、エボラウイルスノロウイルスに対する効果も確認されている。また、重症熱性血小板減少症候群ウイルスに対する効果が示唆されている。*3

副作用として催奇性があるため妊婦には使用できない。

通常、私たちは転写のときにDNAを鋳型にして相補的なmRNAを合成しています。「RNA依存性」とは「RNAを鋳型にする」という意味で、「RNAポリメラーゼ」は「鋳型と相補的なRNAを合成する酵素」のことです。ファビピラビルは、それの阻害剤(働きを邪魔する薬)なのです。*4

*1技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)
*2アビガン錠200mg: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/625004XF1022_2_02/
*3重症熱性血小板減少症候群の治療に関する臨床研究を開始します | 愛媛大学: https://www.ehime-u.ac.jp/post-18147/
*4PHP研究所 竹内薫 丸山篤史 白くて眠れなくなる遺伝子(2016/1/5)

ファビピラビルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filefavipiravir.png 閲覧数 46回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-10-10 (木) 06:49:48