フィチン酸(phytic acid)

ミオイノシトールに6つのリン酸基が結合した有機化合物イノシトール-6-リン酸とも。

フィチン酸の化学構造

骨格となっているミオイノシトールが持つ作用(脂肪肝抑制など)を持つ。また、海馬神経細胞にはフィチン酸の受容体が多く存在し、哺乳動物のにおいてフィチン酸が細胞小胞輸送に関与していることが示唆されている。*1

穀物や豆類などに1〜3%含まれる。しかし、ヒトを含む単動物はフィチン酸を分解する酵素を持たないため、植物の種子に大量に含まれるリンや金属を消化吸収することができない。*2

フィチン酸(myo-イノシトールヘキサリン酸エステル)は,リンの重要な貯蔵形態として植物種子に広く存在し,大豆には1~1.5%含まれ,その全リン含量の51.4~57.1%を占めている。また,豆乳?中のフィチン酸含量は0.05~0.11%である。*3

皮脂分泌を抑制する効果がある。*4

*1フィチン酸の栄養的再評価 ミオイノシトールとの共通性を中心に 岡崎由佳子 片山徹之: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs1983/58/3/58_3_151/_article/-char/ja/
*2植物種子の金属蓄積に果たすリン貯蔵物質の役割を解明 | 東京大学大学院農学生命科学研究科: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2012/20121106-2.html
*3トリプシン, パンクレアチンおよびペプシンによるカゼインおよび大豆タンパク質の消化性に及ぼすフィチン酸の影響: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs1983/40/5/40_5_367/_article/-char/ja/
*4株式会社マンダム 2016年11月21日 30歳代前後の女性の肌は性周期により変化し、高温期には一時的に劣化した状態に陥ることを発見 ~ライスミルク由来のフィチン酸が、肌の劣化を改善することを確認~: https://www.mandom.co.jp/release/2016/src/2016112101.pdf

フィチン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filephytic_acid.png 閲覧数 83回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-08-03 (土) 10:13:54