健康用語WEB事典

フィブラート系薬剤(fibrates)

脂質異常症の治療薬。

作用機構は、PPARαを活性化することによって肝臓内の遊離脂肪酸酸化を惹起し、中性脂肪を豊富に含むリポタンパク質合成を抑制する。また、リポタンパク質リパーゼ遺伝子発現を誘導して中性脂肪の分解を促進する。*1

腎臓代謝されるため、障害のある患者には使用できない。

フィブラート系薬剤の種類

*1薬物相互作用(17―脂質異常症治療薬の相互作用)河崎陽一 松永尚 千堂年昭 岡山大学病院 薬剤部: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/2/20031/20160528015030389930/122_73.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フィブラート系薬剤に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-03-18 (日) 09:18:13