健康用語WEB事典

フィブリリン(fiburirin)

細胞外基質となる構造タンパク質のひとつ。主なアミノ酸システイン

フィブリリンは分子量約37万で弾性繊維、細網線維内に存在しエラスチンに結合していることが多く、弾性繊維の構造を維持しています。システインに富み13%程度含まれます。*1

*1有限会社細胞外基質研究所 細胞外基質講座 細胞外基質とは?: http://www.ecm-labo.co.jp/technology/seminar/Semi1-Extracellular_matrix.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フィブリリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:22