健康用語WEB事典

フィロズルチン(phyllodulcin)

アマチャ甘茶)に含まれる非糖質系の甘味成分。*1*2

フィロズルチンの化学構造

砂糖の約1000倍の甘味を持つとされ、糖尿病患者向けの食品に砂糖の代用品として用いられることがある。また、食塩となじむ性質や防腐作用を持ち、醤油漬物?類、中清涼剤、歯磨剤の味付けなどにも使用される。*3

*1日本調理科学会誌 甘茶が原因と考えられる食中毒について 小島尚 甲斐茂美 岸弘子 上村仁 宮澤眞紀 佐竹元吉: https://www.jstage.jst.go.jp/article/cookeryscience/51/2/51_133/_pdf/-char/ja
*2筑波大学 化学専攻 甘み物質の化学: http://www.chem.tsukuba.ac.jp/nomoto/24Tas.pdf
*3甘茶のはなし| 健康と栄養にちょっといい話| ニュース&トピックス|健康栄養学科| 駒沢女子大学・駒沢女子短期大学: https://www.komajo.ac.jp/uni/window/healthy/he_column_vol08.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フィロズルチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filephyllodulcin.png 閲覧数 43回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-13 (水) 13:00:28