健康用語WEB事典

フィロポディア(filopodia)

発生したばかりの神経細胞樹状突起に存在する、スパイン前駆体となる細長い突起。運動性が高い。細胞突起糸状仮足とも。*1

成長して外界の情報を受け取ることができるようになると、フィロポディアが急激に減少してスパインとなる。*2*3

タグ: 神経細胞 樹状突起

*1細胞間の情報伝達に関わる細胞外微粒子の新たな形成機構を解明 ~細胞膜の突起の切断により生成、細胞の移動を速める~|奈良先端科学技術大学院大学: http://www.naist.jp/pressrelease/2021/03/007732.html
*2興奮性シナプス成熟過程における樹状突起スパインアクチン結合タンパクドレブリンの役割 興奮性シナプスのアクチン結合タンパク その動態と機能 関野祐子 白尾智明: http://neuro.dept.med.gunma-u.ac.jp/museum/review/PNE060120.pdf
*3群馬大学 大学院医学系研究科 高次細胞機能学 神経細胞樹状突起スパインのアクチン細胞骨格: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/130/5/130_5_352/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フィロポディアに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2021-03-26 (金) 06:59:55