健康用語WEB事典

フェナセチン(phenacetin)

かつて非ステロイド性抗炎症薬として使用された芳香族化合物

フェナセチンの化学構造

少量であっても長期投与によってフェナセチン腎症?慢性腎不全腎盂膀胱腫瘍など泌尿器への重篤な副作用が起こることが報告され、現在は使用が停止されている。*1

活性代謝物であるアセトアミノフェン自体には上記の問題がないため、代謝過程で有害性を発揮するとされる。

*1帝京大学医学部薬理学 中木敏夫 フェナセチン: http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~nakaki/200107.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フェナセチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: filephenacetin.png 閲覧数 275回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-08-21 (火) 11:11:52