健康用語WEB事典

フェニルアラニン(phenylalanine : Phe)

必須アミノ酸のひとつ。ベンゼン環を持つアミノ酸芳香族アミノ酸)。

フェニルアラニンの化学構造

チロシン前駆体フェニルアラニンヒドロキシラーゼ触媒によってベンゼン環ヒドロキシ基が付加されチロシンとなる。さらにベンゼン環3位と4位にヒドロキシ基が付加するとL-ドーパとなる。*1

過剰摂取はアミノ酸の輸送を阻害し、ドーパミンセロトニンの生成を阻害する。*2

L-フェニルアラニン生合成の最終段階は、フェニルピルビン酸L-グルタミン酸(あるいはL-アスパラギン酸)との間のアミノ基転移反応によって行われる。*3

*1技術評論社 石浦章一 タンパク質はすごい! 心と体の健康を作るタンパク質の秘密(2014/1/5)
*2Effects of aspartame metabolites on astrocytes and neurons. - PubMed - NCBI: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23553132
*3酵素法によるL-フェニルアラニンの生産 協和発酵工業 (株) 東京研究所: https://www.jstage.jst.go.jp/article/yukigoseikyokaishi1943/46/2/46_2_160/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フェニルアラニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filephenylalanine.png 閲覧数 482回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-10-05 (月) 12:34:14