フェリチン(ferritin:Ft)

細胞内でを蓄える、直径12nmのタンパク質を蓄えるための直径8nmの空間を内部に持つ籠状構造を取る。24個の同一のタンパク質によって構成される。*1*2

フェリチンに貯蔵されたイオン(Fe3+)として安定であり、毒性を発揮しない。フェリチンは肝細胞脾臓膵臓骨髄心臓腸管など全身の臓器に分布する。

細胞不足になるとフェリチンはオートファジーによってリソソームに運ばれて分解され、内部のが取り出される。*3

血清中のフェリチン(血清フェリチン)は、体内のの貯蔵量を測定する指標となる。

フェリチンの機能はの貯蔵と細胞の毒性解消であり、血清中に微量に存在し、血清フェリチンとして測定することができる。血清フェリチン濃度は貯蔵量とよく相関することが知られている。血清フェリチン1ng/mLは貯蔵8mgに相当する。したがって、生体のの状態を把握するのに有用である。*4

血清フェリチンの正常値は以下の通り。*5

血清フェリチンが低値かつ貧血が認められる場合、鉄欠乏性貧血と診断される。

*1中空かご状タンパク質を使った化学を考える | My MODX Site: http://bioinorg.chem.nagoya-u.ac.jp/research/research08.html
*2直径12ナノのタンパク質かご分子: フェリチンが金属を吸込む謎を原子レベルで解明 — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2008/090318_1.htm
*3鉄代謝 – 研究内容 | 京都大学大学院 医学研究科 細胞機能制御学: http://mcp.med.kyoto-u.ac.jp/research/fe-study/
*4血清フェリチン測定とその臨床的意義: http://www.city.fukuoka.med.or.jp/kensa/ensinbunri/enshin_5_x.pdf
*5輸血後鉄過剰症の診療ガイド - 自治医科大学: http://www.jichi.ac.jp/zoketsushogaihan/tetsufinal.pdf

フェリチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-02 (木) 12:13:50