健康用語WEB事典

フェルラ酸(ferulic acid)

ケイ皮酸誘導体穀物中に最も多く含まれるフェノール酸であり、小麦中の全ポリフェノールの90%を占めるとされる。*1

フェルラ酸の化学構造

穀物アリューロン層外皮?に存在し、アラビノキシランヘミセルロースなどとのエステルとして食物繊維を形成する。

植物の細胞壁にも最も豊富に存在する。キシランなどの食物繊維からフェルラ酸エステラーゼの働きによって遊離する。*2

フェルラ酸は腸管から吸収され、血圧降下やコレステロール低下、血糖低下などの作用を持つとされる。

*1フェノール酸の吸収機構とその生理的意義 小西豊: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/44/8/44_8_532/_pdf/-char/ja
*2CiNii 論文 -  麹菌由来のフェルラ酸エステラーゼについて: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009635060/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フェルラ酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileferulic_acid.png 閲覧数 243回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-10-23 (水) 08:58:08