健康用語WEB事典

フェルロイルキナ酸(feruloylquinic acid)

クロロゲン酸類のひとつ。キナ酸フェルロイル基が結合した誘導体コーヒーにわずかに(0.3〜1.2%)含まれる。*1*2

*1日本食品科学工学会誌 脱カフェインコーヒー豆抽出物の糖質分解酵素阻害活性とクロロゲン酸類の寄与: https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk/56/6/56_6_336/_article/-char/ja/
*2クロロゲン酸 (CGA) による薬物の苦味抑制効果の評価とその機序の推定: https://ci.nii.ac.jp/naid/500001027767?l=ja

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フェルロイルキナ酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-10-29 (月) 14:52:04