フェンチコナゾール(fenticonazole)

白癬水虫)の治療薬。

アモロルフィンの化学構造

アモロルフィンと同様に、胆道がんの治療薬となる可能性が示唆されている。*1

*1白癬菌(水虫)の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制する効果を発見-胆道がんに対する安全かつ有効な治療薬候補の特定-:[慶應義塾]: https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2019/4/24/28-52550/

フェンチコナゾールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filefenticonazole.png 閲覧数 5回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-09-12 (木) 12:31:57