健康用語WEB事典

フォルスコリン

細胞内のcAMP量を増加させることが知られており、cAMP上昇薬剤として使用される。*1*2

フォルスコリンがcAMPを蓄積して脂肪分解を促進することからサプリメントなどに利用されている。*3

*1血管平滑筋におけるサイクリックAMPの収縮抑制作用に関する薬理学的研究: http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/cgi-bin/gazo.cgi?no=212722
*2埼玉医科大学雑誌 ドパミンを介した免疫制御機構の解析 研究代表者 中野和久: http://www.saitama-med.ac.jp/jsms/vol35/01/jsms35_033_038.pdf
*3ダイエット関連植物素材の安全性における主要栄養素の影響評価: https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-23500999/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フォルスコリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:23