健康用語WEB事典

フォルモノネチン(formononetin)

はじめに発見されたファイトエストロゲン。反芻動物のではダイゼインに変換され、それが原因で羊の不妊(クローバー症)が起こる。ホルモノネチンとも表記される。*1

フォルモノネチンの化学構造

甘草の有効成分のひとつ。イソリクイリチゲニンと同様に受精率を高める作用を持つことが示唆されている。*2

*1愛知県立大学学術リポジトリ 食物中の植物エストロゲン(phytoestrogen)とその功罪: https://aichi-pu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2574&item_no=1&page_id=13&block_id=17
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 遺伝子診断にもとづいた治療薬の開発 (KAKENHI-PROJECT-25462544): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-25462544/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フォルモノネチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileformononetin.png 閲覧数 320回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:23