健康用語WEB事典

フザレノン-X(fusarenon-X)

穀物を汚染するカビ毒素(トリコテセン)のひとつ。ニバレノール誘導体で、4-アセチルニバレノールとも。*1

マウスの胸腺T細胞を傷害および減少させることが知られている。細胞毒性にはアポトーシス誘導が関与していることが確認されている。*2

*1いろいろなかび毒:農林水産省: https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/priority/kabidoku/kabi_iroiro.html
*2カビの毒素フザレノンーXは細胞にアポトーシスを誘導する | 農研機構: https://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/niah/1999/niah99-023.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フザレノン-Xに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-08-24 (月) 10:33:57