健康用語WEB事典

フノラン(funoran)

海藻や海苔に含まれる酸性多糖類(硫酸化多糖)。名前の由来はフノリ。

海藻のセルロース骨格の周りを充填して細胞壁を補強する働きを持つ。フクロノリ抽出物とも表記される。*1

主成分はガラクトース3,6-アンヒドロ-L-ガラクトース硫酸など。

がん作用やヘルパーT細胞の活性化やキラーT細胞NK細胞マクロファージの誘導、産生に関わることが報告されている。*2*3

フノランはの表層の再石灰化を促進するため、キシリトールなどと共にフノランを含むガムなどの製品ある。*4

*1海藻機能性多糖成分を活用した生活習慣病予防飲料の開発(H15) 食品開発部農産食品科 大田智樹 食品開発部水産食品科 田中彰 食品バイオ部発酵食品科 吉川修司: http://www.food.hro.or.jp/works/jigyou_12/1219.pdf
*2KAKEN — 褐藻マフノリの粘質多糖フノランの抗腫瘍活性: https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-07660268/
*3私の海藻食論~ My Sea-vegetarianism 舘脇正和: https://ir.kochi-u.ac.jp/dspace/bitstream/10126/5322/1/kuro7-2Tachi.pdf
*4「健康食品」の安全性・有効性情報キシリトールガム<ライムミント>: http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail640.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フノランに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:25