健康用語WEB事典

フラクトオリゴ糖(fructooligosaccharide)

ひとつのグルコースに2つ以上のフルクトースが結合したオリゴ糖フルクトオリゴ糖とも。*1

主に1-ケストースGF2)とニストースGF3)によって構成される難消化糖類。主に大腸内のビフィドバクテリウムなどが産生するβ-フルクトシダーゼによってグルコースフルクトースに分解される。その結果、排便回数の増加や便性が改善されると考えられている。*2

整腸作用を目的とした特定保健用食品のひとつ。ヤーコンに含まれる。大豆イソフラボンとフラクトオリゴ糖を同時に摂取することで血中のエクオール濃度が高まることがマウスの実験で確認されている。*3

*1茨城大学学術情報リポジトリ ヤーコンとフラクトオリゴ糖 宮口右二: http://ir.lib.ibaraki.ac.jp/bitstream/10109/1290/1/20100005.pdf
*2バクテロイデスと免疫 日本大学生物資源科学部 細野朗: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jim/27/4/27_203/_article/-char/ja/
*3日本食品科学工学会誌 技術用語解説 エクオール 田村基: https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk/57/11/57_11_492/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フラクトオリゴ糖に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-24 (日) 12:24:38