健康用語WEB事典

フルオロアパタイト(fluorapatite, fluoroapatite)

エナメル質を構成するヒドロキシアパタイトフッ素と反応してできる耐性の物質。フッ化アパタイトフッ素燐灰石とも呼ばれる。六方晶構造で柱状の結晶を作る。化学式は Ca5(PO4)3F *1

フルオロアパタイトはハイドロキシアパタイトよりも、虫歯菌の出すに対して溶かされにくい。

の表面では、食事のたびに脱灰によってからカルシウムイオンやリン酸イオンが溶け出すが、再石灰化によって再びに取り込まれる。その再石灰化の時にフッ素イオンを一緒にに取り込むことで、エナメル質は硬く強い結晶構造を持つフルオロアパタイトとなり、によって溶かされにくいになる。*2

*1サメの歯の原子構造の可視化に成功 | AIMR: http://www.wpi-aimr.tohoku.ac.jp/jp/news/press/2014/20140129_000445.html
*2新潟大学歯学部 フッ化物によるう蝕予防: http://www.dent.niigata-u.ac.jp/anatomy1/education/SS2002/9th/6.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フルオロアパタイトに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:25