フルクタン

フルクトオリゴ糖に、さらにフルクトースが多数結合した多糖類フルクトース重合体

代表的なフルクタンはイヌリン。フルクタンは内で有機酸に変化する。

らっきょうや納豆が引く糸に含まれる。*1*2

これらは乳酸菌ビフィズス菌などの腸内細菌に利用され,腸管乳酸酢酸酪酸などの有機酸に変換される.このことにより腸内環境が変化し,腸管上皮が刺激されることで,整腸作用を代表としたさまざまな生体調節作用が発揮される.*3

*1ラッキョウから得られる多糖フルクタンの細胞培養への応用 - 福井大学: http://repo.flib.u-fukui.ac.jp/dspace/bitstream/10098/2793/1/2010-43.pdf
*2食、栄養から健康を考える - 広島県大学共同リポジトリ - 広島大学: http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hju/file/6953/20161006093359/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%A5%B3%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%B7%8F%E5%90%88%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80%E5%B9%B4%E5%A0%B1%E3%80%94%E9%9B%BB%E5%AD%90%E7%89%88%E3%80%95Vol.14+2010.pdf
*3生物工学会誌 第94巻 第8号 バイオミディア 結合様式の異なるフルクトオリゴ糖・フルクタン: https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9408/9408_biomedia_3.pdf

フルクタンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:26