健康用語WEB事典

フロチリン(flotillin)

ストマチンと同様に細胞膜脂質ラフトに存在し、生体膜中の小胞形成に関与するタンパク質*1

神経由来エクソソームにも存在する。血清フロチリン量はアミロイドβ沈着量と逆相関の関係を持ち、アルツハイマー病の診断に利用できることが報告されている。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 脂質ラフト局在膜タンパク質の三次元構造とその膜小胞形成機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-21770122): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-21770122/
*2名古屋市立大学 アルツハイマー病の早期血液診断マーカーを発見 血液1滴で診断できる可能性がある: http://www.nagoya-cu.ac.jp/about/press/press/release/files/20191105/20191105-1.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フロチリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-08 (金) 08:21:19