健康用語WEB事典

フロログルシノール(phloroglucinol)

ベンゼンに3つのヒドロキシ基が結合した構造を持つ芳香族化合物

フロログルシノールの化学構造

植物にはフロログルシノールの誘導体が複数種類存在し、アシル基を持つものは抗ウイルス活性を示すことが報告されている。苦味酸の基本骨格となる。*1*2

*1日本農芸化学会誌 抗ウイルス活性を示すフロログルシノール誘導体 多田全宏 千葉一裕: https://www.jstage.jst.go.jp/article/nogeikagaku1924/69/9/69_9_1198/_article/-char/ja/
*2ホップの苦味成分を作る遺伝子を発見 — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111227_1.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


フロログルシノールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filephloroglucinol.png 閲覧数 215回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-06-26 (水) 07:54:11