健康用語WEB事典

ブルセラ症(brucellosis)

ブルセラ?属の細菌による感染症4類感染症のひとつ。

ヒトに感染を起こす細菌を保有する動物は牛や羊、山羊、豚、犬、猫、ネズミなどが報告されている。*1*2

特に地中海地方での発生が多い。細菌を持つ動物や、その動物から作られる食品の摂取によって発症する。空気感染も起こり得る。

潜伏期間は5〜60日。症状は発熱、衰弱、関節痛、各臓器炎症など。精巣への感染無精子症?の原因となる。最悪の場合は死に至る。*3

*1ブルセラ症(Brucellosis)鹿児島大学 岡本嘉六: http://www.vet.kagoshima-u.ac.jp/kadai/V-PUB/okamaoto/vetpub/Dr_Okamoto/Zoonoses/Zoonoses%20in%20Humans/EU%20Brucella.pdf
*2長野県で発生した新規ブルセラ属菌による感染症 | 酪農学園大学動物薬教育研究センター: https://cvdd.rakuno.ac.jp/archives/2630.html
*3岡山大学病院 検査部/輸血部 ブルセラ: https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/nvirus/burusera.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ブルセラ症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-28 (火) 15:10:32