健康用語WEB事典

ブルトン型チロシンキナーゼ(Bruton's tyrosine kinase : BTK)

抗原刺激を受けたB細胞抗原受容体からの情報伝達で重要な役割を果たすチロシンキナーゼ*1

B細胞悪性腫瘍に対し、イブルチニブなどのBTK阻害薬が開発されている。

*1白血病および白血病類縁疾患における分子標的治療 岡山大学病院 血液・腫瘍内科 前田嘉信 谷本光音: http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/52324/20160528114710961785/126_49.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ブルトン型チロシンキナーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-04-30 (木) 15:57:50