健康用語WEB事典

プラスミド(plasmid)

大腸菌などの細菌酵母が持つ、ゲノムDNAとは別に存在する環状のDNA微生物間でプラスミドを交換することで遺伝情報をやり取りする。*1

形質転換に用いられる。ベクターとしても利用される。

微生物たちは、新しい形質の獲得を突然変異にだけ頼っているわけではなく、誰かが偶然に獲得した形質を、プラスミドを使って広めるのです。*2

*1広島大学大学院 理学研究科 数理分子生命理学専攻 道具としての大腸菌: http://www.mls.sci.hiroshima-u.ac.jp/smg/education/ecoli.html
*2PHP研究所 竹内薫 丸山篤史 白くて眠れなくなる遺伝子(2016/1/5)

ご意見・ご要望をお聞かせください。


プラスミドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:28