健康用語WEB事典

プラスミノーゲン(plasminogen)

プラスミン前駆体タンパク質分解酵素の一種。プラスミノゲンとも表記される。

止血完了後にフィブリンおよびフィブリノーゲン線溶して血栓を溶かす役割を持つ。*1

血栓は凝集した血小板フィブリン線維が絡み付いているため、血栓を治療・溶解するには線維を切断し血小板が拡散しやすくする必要がある。フィブリン線維を切断する本体はプラスミンで、プラスミノゲンプラスミノゲンアクチベーター?(plasminogen activator: PA)によって活性化させて生じる。*2

*1技術評論社 奈良信雄 知りたいサイエンス とっても気になる血液の科学(2010/1/5)
*2新規抗血栓薬開発の基盤研究 昭和薬科大学教授 石井秀美: http://polaris.hoshi.ac.jp/openresearch/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E7%A7%80%E7%BE%8E%E5%85%88%E7%94%9F%20.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


プラスミノーゲンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:28