プラーク(plaque)

以下の2つの意味がある

口腔のプラーク(歯垢、dental plaque)

虫歯菌歯周病菌などの細菌の塊(バイオフィルム)。食べかすとは異なる。歯垢デンタルプラークとも呼ばれる。

70〜80%が水分、20〜30%が細菌や様々な化学物質からなる固形成分。1gのプラークに約2500億の細菌が存在するとされる。*1

時間が経つと唾液に含まれるカルシウムなどと結合して歯石に変化する。歯肉縁上と歯肉縁下でプラークを構成する細菌の種類が異なる。

口腔細菌の主な生息部位であるプラークは典型的なバイオフィルムで、歯肉縁上および歯肉縁下プラークに分けられる。歯肉縁上プラークは面に形成されるもので、主にレンサ球菌を中心とした通性嫌気性グラム陽性菌を中心に構成される。歯肉縁下プラークは、やや複雑であるものの、類似の細菌が検出される。*2

プラーク中には以下のようなストレプトコッカス属の細菌が多く存在する。*3

これらの細菌グルコーススクロースマルトース代謝してう蝕の原因となるを作り出す。

血管内のプラーク(粥腫、atheromatous plaque)

動脈硬化などで血管内にできる、脂質などが沈着した部分のこと。*4

血管を狭めて血流を悪くする原因であり、冠動脈のプラークが破れると急性冠症候群アテローム性動脈硬化を引き起こす可能性がある。

*1吉田明弘 口腔細菌のクオラムセンシングとバイオフィルム形成: http://www.jseb.jp/jeb/10-01/10-01-009.pdf
*2日本大学歯学部 細菌学講座/総合歯学研究所 生体防御部門: http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/g.microbiology/oral_infection/index.html
*3口腔レンサ球菌によるデンプンからの酸産生とアミラーゼ阻害剤による影響 ([相澤志津子]): 2008|書誌詳細|国立国会図書館サーチ: http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009619426-00
*4熊本大学 二つの薬の併用で冠動脈プラークを劇的に退縮 心筋梗塞発症予防に向けた新たな治療法: http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2015-file/release150728.pdf

プラークに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-11 (火) 08:00:12